タマホーム 坪単価

 

タマホームの坪単価と施工床面積

タマホームは、坪単価25.8万円と言う低価格を売りにしていますが、この価格にはあるカラクリがありました。
坪単価と言うのは、一般的に工事の総費用を延床面積で割って計算するものとされていますが、タマホームは独自の施工床面積というもので総費用を割っています。

 

施工床面積とは、ベランダや玄関など、延床面積に入らない所まで床面積に含んでいる数値です。
実際の延床面積よりも広く計算されている床面積で割り出すのですから、タマホームの坪単価は、より安く見えるのです。

タマホームの坪単価は低価格

タマホームの坪単価は、他のホームメーカーと比べてもとても低価格です。
これには秘密があります。

 

それは、コストダウンをすることです。
例えば、キッチンやトイレなどの設備を一括契約、購入をしているのです。

 

また、下請けの工務店にすべてを任せるのではなく、施工の作業を細分化して、各会社にオーダーをするという、中間業者を無くすことで費用を掛からないようにしています。
このようにタマホームの坪単価は、低価格を実現できるのです。

タマホームの坪単価と値引き

タマホームは坪単価を低価格で提供しているため、基本的に値引きはしません。
それは、タマホームの坪単価自体が安く設定されているからだけでなく、どの施主にも平等でありたいと言う心意気とも言われています。

 

その他のハウスメーカーでは、何百万単位で値引きをしています。
一見お得に感じられますが、不安感があります。

 

それに対しタマホームは、100円単位まで金額を提示してくれて安心感があります。
また、サービス品を増やしたりしてくれる工夫もしています。

タマホームの坪単価と寒冷地仕様

東北地方より北の地域では、住宅も寒冷地仕様となっています。
それは、壁の内側に気密シートが付けられ、断熱材も1.5倍に増えます。

 

さらにサッシも高断熱仕様になっています。
特に気密シートは、気密性に優れているだけでなく、壁に湿気を通さないと言う利点があります。

 

タマホームでは、坪単価あたり1万円増やすだけで、温暖な地域の住宅も寒冷地仕様にできるそうです。
タマホームの坪単価が低価格なので、大きなリスクにならずにグレードを上げることができるでしょう。