タマホーム 評判

 

タマホームの評判と営業スタイル

タマホームの評判はコストを徹底的に抑えているところでも注目を浴びていて、それは営業スタイルにも表れています。
他社とは全く違う手法の独自性を活かしています。

 

営業スタイルも打ち合わせの効率を良くする手法がとられていて、住宅の打ち合わせや見積もりなどを最初から最後まで一人の営業マンが行います。
一人の営業マンが年間12〜14棟受注していますので、効率よく尚且つ経費を抑えることにこだわることがタマホームの評判のひとつとなっているでしょう。

タマホームの評判と価格

なんといっても価格の安さがタマホームの評判を高めている要因の大きなひとつでしょう。
他社では、考えられないほどの金額で家が建てられるというのですから、顧客にしてみれば嬉しい事ですが、あまりにも安いと手抜きされているのではと心配になるところです。

 

タマホームの安さには社長のこだわりで、経費を削減して経営していると評判通りの徹底ぶりです。
会社独自の「施工床面積」という方法を用いて計算することで価格を安くできるという経営方針も影響を与えています。

タマホーム評判の坪単価

タマホームの評判を高めている坪単価の安さは、本当に家が建つのかと不思議なくらいの安さですが、実はこの金額で家が建つことはありません。
実は、面積の算出方法が他社とは違うところがポイントとなっています。

 

他社の殆どが「延べ床面積」で計算しますが、タマホームでは計算を「施工床面積」を使って行っていますのでこのことで、坪単価を安くしているというわけです。
実際は多少高くなりますが、それでも他社から見ると安さでは変わらないので、やはり評判が高いですね。

タマホームの評判と歴史

現在の評判まで高めたタマホームの創業者の玉木康裕は、ファミリーレストランでのコーヒーを注文し、支払い時の金額の安さから、コストダウンできる家作りもできるのではないかとヒントを得て、他社にはない新時代の新しい家作りの歴史を刻みました。

 

もともと「筑後興産」で専務をしていた玉木康裕は、ここをスタートとして、住宅事業部を立ち上げ不況下の中、様々な独自の手法の創意工夫で現在の評判までタマホームを押し上げたという歴史があります。