積水ハウス 太陽光

 

積水ハウスの太陽光のグリーンファースト

グリーンファーストという、住む人の条件や生活環境にあわせて環境を配慮した住宅を作る新しいモデルがあります。
グリーンファーストは、自然を私たちの生活にうまく取り込むことによって次世代に続く、環境配慮や快適性や経済性を生む取り組みを行っています。

 

積水ハウスの太陽光は、このモデルの中でももちろん採用されています。
積水ハウス太陽光だけでなく他の燃料電池などと組み合わせることで、さらに大きな環境の配慮につながる効果を発揮します。

積水ハウスの太陽光とCO2オフ住宅

積水ハウスの太陽光の発電と燃料電池などの技術によって、CO2の排出量を削減するしくみを持った住宅をCO2オフ住宅といいます。
積水ハウスの太陽光はCO2オフ住宅を実現するだけでなく、余った電力を電力会社に売る『伝売』が出来るのも大きな特徴です。

 

この電力を売ることによって、知らないうちにお金が貯まるといったメリットがあります。
また電気を売買しないといったものもありますが、これは将来は量産のできる住宅用の蓄電池として開発が進められています。

積水ハウスの太陽光とオール電化

積水ハウスの太陽光の発電を利用して、電力をためるだけでなく、オール電化住宅タイプの住宅にすることもできます。
この積水ハウスの太陽光のオール電化の住宅にすると、調理をするIHクッキングヒーターだけでなくエコキュートを利用してお風呂や台所の給湯設備を整えたり、冷暖房も電気によってまかなえるなど多くのメリットがあります。

 

現在は、それに加えてガスを併用して、床暖房を取り入れたりさまざまなバリエーションが出来るようになっています。

積水ハウスの太陽光と燃料電池

積水ハウスの太陽光では様々な新しい、環境に対する取り組みによって、二酸化炭素を限りなく減らす取り組みをしています。
積水ハウスでは太陽光と燃料電池と床暖房と省エネ機器が標準の仕様となっています。

 

ただし家庭では燃料電池の設置できない場合があるので、設置の希望は、調べてもらったりして、きちんと設置できるかどうかの確認をする必要があります。
今後は『スマートハウス』といって、大阪ガスと共同でさらにエネルギー効率をたかめたシステムを開発が進んでいます。