アイフルホーム 坪単価

 

アイフルホームの坪単価とハウスメーカー

アイフルホームの坪単価は他社のハウスメーカーよりもはるかに安い坪単価で新築の家を建てられることから人気と注目を集めています。
他者のハウスメーカーより坪単価を安く押さえられるのは、アイフルホームがフランチャイズ形式をとっているからです。

 

工務店や大工さんと契約を結んでおり、契約を結んでいる工務店や大工さんが責任をもって施工していれるという方法で余分にかかるコストを抑える努力を行っていることで可能になっています。

アイフルホームの坪単価と仕入れ

アイフルホームの坪単価が安いのは、肌理の細やかな経営で余分な出費を抑える努力と仕入れ方法は大胆にするという両方上手に使い分けることでコストダウンのポイントを押さえた経営方針で可能になっているのではないでしょうか。
アイフルホームの坪単価の安さを可能にした仕入れ方法ですが、家で使う材料を大量に購入するという方式をとってコストを下げています。

 

フランチャイズ形式なので、契約している工務店や大工さんもまた安く仕入れができるという工夫がされています。

アイフルホームの坪単価を下げる資材

アイフルホームが坪単価を下げられるのは、他社にはマネのできない方法で資材を購入していることです。
家を建てるときに必ず必要となるのは資材で、アイフルホームはこの材料を大量購入することでコストダウンを可能にし坪単価を下げています。

 

大量購入コストダウンが可能にした原因は、住生活グループのトステム住宅研究所との合併で可能となりました。
住生活グループの中に有名な建材メーカーのトステム、INAXが加盟していて、コストダウンしながらも部材の品質はお墨付きです。

アイフルホーム坪単価と流通経路

アイフルホームの坪単価は、細やかな経営戦術で品質に拘りながらも低価格の家を提供することに努力しています。
低価格を可能にした経営戦術の方法として流通経路の簡略化があげられます。

 

このことでアイフルホームが提供する家は安く抑えられています。
流通経路の簡略化が可能になったのは、トステムやINAXといったメーカーが入っている住生活グループと合併したおかげで可能になりました。

 

材質に拘りながら坪単価を抑えることで、家が安く建つという二重の喜びがあります。